難儀です。2013-11-12 23:12:27


一生に一度の(2、3度の方もいますが)結婚式の写真は?

いろいろ考えるに何人もカメラマンが入る挙式なんて殆んど皆無ですから、依頼を請けた一人のカメラマンのセンスと行動力と体力に掛かっている。

センスは磨くものではなく感じるものです。これは持って生まれたものですから、努力では人真似に終わります。平たく言うとセンスがないとはオーソドックスで平凡で感動がない写真です。

行動力とは、今までに見たことも無いアングル、独創的な構図を撮るために挙式を妨害する事のない行動力です。例えるなら、「静かに急げ!」「ゆっくり走れ!」となります。

そして、体力!5,6時間食事やトイレに行かなくても大丈夫な体力がなければ話にならないのです。センスや行動力があっても肝心の体力がなければダメダメです!


そして、今日は検診の日です。人生最大値の体重と揺れる瞳ならぬ揺れる腹、腕、腿。

これではいけません! 現在の体力を40代平均までもっていきましょう。体重は8kgは削り、シェープアップされた肢体で臨みます。

広告写真に水槽専門から一般撮影全般に打って出る準備を始めます。


PS : 写真教室「写真工房Saso imaging」は向上心を持った会員を募集しています!

方向転換2011-07-10 19:19:55

観賞魚の業界全体が地盤沈下している。不景気もあるがそれ以外の問題もありそうである。

趣味の世界だから無くなる事はないのだろうけど、パイが小さくなっていくのは否めない事実である。これは確実。

だからと言って、今ある水槽撤去とか飼育を放棄するなどの愚考は全く考えていない。今までは仕事主体で飼育していたのが普通の趣味になるだけです。

18年ほど前から取材やら撮影やら何やらと関わり生活の糧にしてきたが如何せん雑誌や出張撮影依頼の発注が無い!

こうなるのは2、3年前から予測していました。対処法を試行錯誤してきたが、もうそろそろ見切りをつけるか。決断が早い。

公式サイトでも魚関係を中心に展開してきました。それは肖像権の無い魚を載せるのが都合が良かったのもありますが、私のメインは広告が中心です。クライアントから要望される撮影を忠実に具象化するのが広告カメラマンです。

買取が主流で肖像権に著作権が絡んで、ブログでも公開するのは問題がある代物です。これ大変シビアで裁判沙汰になることもあります。

いろいろなカメラマンがモデルや芸能人など載せてブログ書いていたりしますが権利関係は大丈夫なのか?と他人事ながら心配しています。

そんな理由で仕事関係の画像ははHPでもブログでも載せられなかったので魚中心になってしまいました。当たり障りのない画像はインパクトないですからイマイチ。

そこで今後はテキストだけにするかとも思いましたが、写真撮ってなんぼのカメラマンですから、そうもいかない。

公式サイト  http://www.saso.jp/

でも、360度パノラマや水槽撮影など営業していました。知らない?
ガック・・・アクセス数から知らない方々多数と思いますけど(大爆)

この2本の営業に今まで力を入れなかったブライダルに注力します。

いろいろやります。HPのリニューアル! これが重要だが難しい。
時間はあるが、生来の飽きっぽさだ。(超爆)